私たちは、地域のみなさまが 安心できる「心の通った医療・介護」を提供し、 健康と福祉の向上に貢献いたします。

三好病院のご案内

  • 地域連携室
  • リハビリテーション部
  • 通所リハビリテーション
  • 訪問介護ステーション
  • 地域包括ケア病床
  • 地域連携の先生ご紹介

令和2年 8月 三好病院 トピックス

嚥下内視鏡検査 ( VE ) ができるようになりました。

三好病院では、お食事中にむせたり、うまく飲み込めなかったりする患者様や、

誤嚥性肺炎(食べ物が誤って肺に入ってしまうことで生じる肺炎)を起こす可能性がある

患者様に対して、飲み込みの状態を確認するための

嚥下内視鏡検査(videoendoscopic examination of swallowing:VE)を

外部の歯科医師に依頼し、行っております。

病室での嚥下内視鏡検査 風景 1

こんな症状がある方は要注意!!

  • 食事中にむせることがある
  • 唾液が口の中にたまる
  • 発熱を繰り返す(誤嚥性肺炎の疑い)
  • 飲み込むのに苦労することがある
  • 食事中、口の中に何かが残る感じがする
  • 痰が出る、痰が増えた
  • 声が変わった(がらがら声や鼻に抜ける声)
  • 食事を残すことが多い(食べる量が減った)
  • 体重が減った

気になる症状があればどうぞお気軽に三好病院スタッフにご相談ください。

 

栄養サポートチームNSTを立ち上げました。

三好病院では、令和2年3月より、
栄養サポートチームNSTを立ち上げました。

栄養療法は、すべての疾患治療のうえで
共通して必要な治療方法です。
個々の患者さまに合わせた適切な栄養管理
を行うため、専門知識や技術をもつ医師や
看護師、薬剤師、管理栄養士、その他、
リハビリスタッフを中心にチーム
を組み、栄養状態の改善や治療効果をあげる
為、病院全体で取り組んでいきます。

地域包括ケア病床 開設

令和2年2月1日より
地域包括ケア病床8床を開設いたしました!
地域包括ケア病床とは、
① 急性期治療を終了し、すぐに在宅や施設へ移行するには、
不安のある患者様を受け入れる病床

② 自宅で在宅医療を受けている方、介護施設などで療養されている方で
急に具合が悪くなった場合に受け入れ、在宅復帰に向けて
診療・看護・リハビリを行うことを目的とした病床です。

入院期間は60日を限度としております。

具体的な取り組みとしては、在宅復帰に向けて食事の経口摂取・栄養へのアプローチ、
排せつの自立を病院全体で積極的に取り組んでいきます。
退院後は、併設しているデイケア通所リハビリや
グラシアス訪問看護ステーションとも連携し、切れ目のないサービスを提供することで
安心した在宅生活をサポートいたします。

 

 

当院は公益座談法人 日本医療機能評価機構の認定病院です。三好病院 高齢者用肺炎球菌ワクチン接種のご案内